ご葬儀のマナー


臨終直後の対応

1.病院での対応
  • JAまで、ご連絡ください。
     ※ご自宅または式場などへ移送いたします。
     ※JAのネットワークで全国どこからでも移送いたします。
     ※当社のご遺体安置施設もご用意しております。

  • 親戚等に連絡します。

  • 医師より死亡診断書を受け取ります。

  • ご自宅などでお亡くなりになった場合は、かかりつけの医師に連絡します。
    ※病死以外の場合は、警察に連絡します。

2.ご遺体の移送と安置
  • JAの寝台車に、ご遺族1~2名同乗し道案内をお願いします。

  • ご遺体を安置する部屋を決め、敷布団、薄めの掛け布団などをご用意ください。

  • ご希望によりJAで枕飾りをご用意いたします。

  • 団子6個、山盛りご飯を用意ください。

3.寺院への依頼と日程の決定
  • 葬儀の形式や規模を決めます。

  • 寺院に亡くなったことを伝え、葬儀の依頼をします。
    ※葬儀の日程・式場は、寺院、ご遺族、JAで話し合って決めます。

弔電と供物

4.お悔やみ電報の打ち方
  • 葬儀に参列できないときや関係によりお悔やみ電報を打ちます。
    ※電報の宛先は喪主名とします。
    ※喪主名がわからないときや、関係によりお付き合いのある遺族名にすることもあります。

  • 電話で依頼する場合はダイヤル「115」へかけます。
    ※発信の電話番号と電話の持ち主名、電報の種類(お悔やみ)、配達希望日、お届け先と電文、発信人名を伝えます。

  • 電報料金は、文字数や台紙によって料金が異なります。

  • 電報は電話の他、インターネット、携帯電話(NTTドコモのみ)から申し込むことができます。

5.生花・供物
  • 関係により、生花・供物・花環などをお供えします。
    ※親戚間で、誰が何をお供えするか相談して、
    お供えものを決めることが多いようです。

  • 勤務先や団体関係の場合、ご遺族または葬儀社に直接申し込みます。
    ※肩書きや氏名を間違えないよう伝えます。
    ※会社等から直接振り込む場合は、その旨を伝えます。

香典

6.香典金額
  • 故人や遺族との関係を考慮し、お香典の金額を決めます。
    ※香典金額は前例を参考にしたり、親戚や関係者間で相談して決めることもあります。

7.表書き
  • 表書きはご葬儀を行なう宗教によって変わります。

    ◆仏式=「御香奠」「御香典」「御霊前」
    ※浄土真宗では「御霊前」の代わりに「御仏前」を用います。

    ◆神式=「御神前」「御霊前」「御玉串料」

    ◆キリスト教式=「御霊前」「御花料」「御ミサ料」(カトリックのとき)

8.氏名・金額等の記入
  • 表書きの下に住所・氏名、裏面に金額を記入します。
    ※連名で出す場合は、右側から身分の高い人を書きます。
    ※団体の有志などで出す場合は、表書きを「○○有志」とし、中に個々の氏名を記入します。
    ※中袋に氏名記入欄がある場合は、記入しておきます。